外房大原 初栄丸 TEL:営業時間:AM6:00~PM7:00 定休日:第1、第3月曜日 電話 0470-62-2807
初栄丸とは 料金・サービス はじめての方へ 出船予定 アクセス
 > トップ > 船長の言葉

船長の言葉

2019年7月22日:根魚五目の未来は・・・

午後からの根魚五目出船という事ですが、冷静に見ればメインである午前船のイサキが予約なしという厳しい現実がある訳で・・・まあ現実を悲観してばかりでは未来が見えないので、まずは大海に出でれた事に感謝でありますがね・・・午前に根魚に出船した先輩船頭から、潮流速くドギツイ二枚潮だったとの事・・・徒競走でよーいドン!でズッコケてしまったようなもの・・・さあ玉砕覚悟で南に行ってやろうじゃないの・・・そして現場到着・・・やはり潮流は速かった・・・だが思いのほか潮方は悪くない・・・海神にも情けあり・・・しかし・・・やはり・・・魚の活気はない・・・静かなる時は徒に流れた・・・東奔西走するなか徐々に潮流は緩やかになったが、多くのポイントを駆け巡るなか船上が根魚で活気に包まれる事なく、船中カサゴ6、アカイサキ3、マハタ1、キントキ1という魚屋帰りの奥様に突撃ってな形で納竿に・・・。


2019年7月21日:別れても好きな人たってね・・・

別れた人にあった・・・別れた渋谷であった・・・別れた時と同じ雨の夜だった・・・やっぱり忘れられない・・・人として生まれたからにゃあ多くは情が伴う・・・だが・・・しかしね・・・今年ほど根魚氷河期ともなると、言いようと言うか言ってしまうと言い訳になりかねないが、あたしゃあ嘘つきは大嫌いだから何時でも本当の状況を御客様に伝えるのさ・・・今年ほど酷い年は無いとね・・・夢見る少女のような気持ちで来てくれている御客様に伝えるのは、酷かも知れぬが現実は日々変わりゆく厳しいものなのだ・・・365日が爆釣何ざ妄想に過ぎない・・・我々は大海原に生きる遊牧船頭・・・日々変わりゆく大海原同様に御客様も変わりゆく・・・してからに毎回毎回の好釣果は望みたくとも望めぬ状況にある・・・それでも釣れてる船宿があると聞く・・・そうか・・・力の至らぬ己に冷や水を・・・


2019年7月20日:今日から愛娘は夏休みというが・・・

ひと月に何回言ったら良いのでしょう・・・溜息がばかりで息を吸うのを忘れそうで・・・客なし臨休明けでの根魚五目出船となりました・・・前日の午後船に出船した先輩船頭から、思わしくない話を聞いていたため覚悟はしていた・・・だが潮は止まっているものと思っていたが、思いのほか流れてしまう・・・これではキントキは期待出来まい・・・まあ何よりそこは大海原・・・これまでの行き付けポイントを伺って行くしかない・・・ファーストポイントで2kgクラスを含むマハタ4連発・・・何はともあれ魚が釣れてくれた事にホッと一息・・・その後も慎重に各ポイントにノックしていったが、殆どのポイントでは型程度の持て成し・・・潮の流れもありやや二枚潮気味のため、多くのオマツリに泣かされながらの釣行であったが、皆さん腐らすこともなく前向きに事を進めておりました・・・結果何とか全員が根魚を手に納竿に・・・船中の手柄はキントキ6、マハタ6、アカイサキ6、カサゴ3、鬼カサゴ2、黒メバル1、イサキ1。 


2019年7月18日:イサキ乱れ食い・・・

イサキ覚醒するも御客様イサキ釣り封印か?ようやくイサキ発情期でも御客様もう・・・と倦怠期・・・ああ虚しイサキ集団発情・・・9:30納竿・・・


2019年7月15日:いつまで続くイサキの生返事・・・

相変わらずのイサキの気のない返事に我は気をもむ・・・


2019年7月14日:イサキの落ち着きぶりに我が心落ち着かず・・・

もどかしい、煮え切らぬ、素っ気ないイサキの食いは何時まで続くのか・・・


2019年7月13日:絶滅危惧種を求めて・・・

何とも珍しいものでして我が船宿を拾ってくれた慈悲深き御客様に肖り、午後キントキ五目出船と相成りました・・・約3週間ぶりのキントキ五目への出船に高鳴る胸に水差す澄みきった潮・・・多くは求められまい・・・だが御客様は知る由もない・・・口に出せばいい訳になるだけ・・・どのみち逃げ場はない・・・予め立てていたプランに沿って進みゆく事としたが・・・


戻る
次へ

初栄丸とは
料金・サービス
出船予定
釣果速報
船長の言葉
はじめての方へ
アクセス
お知らせ
お申込みフォーム
問い合わせフォーム







公式LINE 初栄丸アカウント
公式LINE「勝見屋・初栄丸」はこちら






YouTube 「勝見屋初栄丸」はこちら



▲ページのトップへ戻る