外房大原 初栄丸 TEL:営業時間:AM6:00~PM7:00 定休日:第1、第3月曜日 電話 0470-62-2807
初栄丸とは 料金・サービス はじめての方へ 出船予定 アクセス
 > トップ > 船長の言葉

船長の言葉

2019年5月5日:ありがたや再びキントキ五目の午後出船・・・

ありがたくも御客様のリクエストに肖り、キントキ五目に午後出船・・・速い潮に行く手を阻まれる事もなく、これまでの御贔屓ポイントを周る事が出来た・・・根魚オールスターズ登場とまではならなかったが、船中でマハタ11、アカイサキ7、カサゴ8、トゴットメバル1が顔出し・・・残念ながらキントキは1名の方だけオデコに・・・


2019年5月5日:とんだ落とし穴に・・・

今シーズンの大原港のヒラメ釣りもあと2日・・・って所にきて何という海神の酷い仕打ちなのだ!「御代官様オラがいったいなにしたって言うだ・・・」お上からのキツイ年貢の取り立てに喘ぐ、農民の気持ちも分かるって事さ!「当たり前の事などないのだよ・・・海の恵みに感謝の気持ちを忘れずに生業を続けるのだ・・・」海神から一言頂いたような気になった・・・


2019年5月4日:今日はこれ位にしたる!?

おう何やお前やるん言うか!上等やないかい!俺はなこう見えてもなあ空手二段や!通信教育やけどな・・・吉本新喜劇の一場面的な気持ちで(!?)沖での操業を諦め、ナザ一点買いでの操業を決意・・・交じりっ気なしのオイラの気持ちに海神も情けを下さったのか?心を搔き乱すようなイワシ様との出会い・・・あなたのために守り通した女の操・・・ってなもんで、イワシ様あなた一筋と仕掛け投入・・・着底と同時に本日最大の4.55kgと御対面・・・恋の予感がただ駆け巡るだけ・・・と、ここは安全地帯とばかりに徹底抗戦を決意・・・だがイワシ様の群れはあちらこちらに散らばっており薄利多売状態・・・繋がらぬアタリに業を煮やしかけたが・・・


2019年5月3日:今更ながら沖へと・・・

イワシ様なし・潮流なし・前日の好釣果もなし・風もなし・・・オマケにあても無かったが、そんなマイナス要素に塗りたぐられたナザに別れを告げ沖へ・・・何せナザでイワシ様待ちの、私待つわの「あみん」操業をしてきたあたくしにとっては初の沖出し・・・めぼしも何も付かぬ盲目操業・・・チーターの曲じゃないが「駄目で元々じゃあありませんか!ドーンと行きましょう!」ってなもんで、片思いに揺れるチェリーボーイの告白みたいに、震える手を抑えながらも君が好きだの大絶叫・・・気持ちが伝わったのか知らぬが、のっけから本日最大の3.05kgと2.96kgの顔出し・・・合間には小さいながらもマハタやマトウダイのお気遣いに、大海原のフルコース堪能か?と成り上がりの土建屋のオヤジのような気持でいたが、驕れる平氏久しからず・・・倦怠期の夫婦のようで沈黙の時は長く辛いものであった・・・風の助けから流れが出て来た事もありナザへ活路を求めたが・・・


2019年4月30日:平成最後の日・・・

何れ吹いて来るであろう南風を考慮し頑なに進路は南へ・・・だが本心はもう一つあった・・・前日の午後船の航行途中で、幾つものイワシ様らしき反応に出くわしていたのだ・・・今日そこにイワシ様が不在であっても、前日のイワシ様の色気出しに色めき立っているヒラメがいやしないか?そんなしょうもないスケベ心もあったのだ・・・だがどうだい開始間もなくヒラメを手にし、ひと流し目は9つのアタリで6枚を拝借・・・まんざらでもない憶測だったではないか・・・だがその後予想だにしない事が待っていた・・・先代の父からあたくしの代にまで通って下さる上田氏の竿に強烈なアタリ・・・絞り込む竿を見て「良さそうですね・・・」何ぞお気楽に玉網を握りしめていたが、何と我々が目にしたものは今シーズン船宿MAXの5.85kg!!平成最後の日に今シーズン散々苦汁を舐めさせられてきた上田氏に、海神からの粋な計らいと来たもんだ!捨てる神あれば拾う神あり・・・七転び八起きの精神でヒラメ釣りに挑んできた上田氏の生き様は、貫き通す事の大切さと辛さも感じ取れた・・・長年の努める力が実を結んだという心動かされる好例であった・・・


2019年4月29日:ほぼ半年ぶりの根魚出船(午後)となったが・・・

何とも約半年ぶりの根魚五目釣りと言う事で昨年の不調ぶりを鑑みれば、道なき道を突き進むソルジャーなる思いでの出船・・・速き潮に行く手を遮られまいか?不安な気持ちを携えながら南へ・・・現場到着したが潮流の不安要素は払拭された・・・ならばこれまでの御得意さん巡り・・・てっぺんのポイントから全員がキントキを手にする好印象・・・最悪の事態は免れた・・・あとはこれまで御贔屓にして下さった御得意さんに挨拶回り・・・だが寂しいもので海の世界も陸の世界も変わらないもので、かつては潤い賑やかだった(昔の名前で出ています)ポイントも魚も寄り付かず絶えてしまったゴースト化・・・もしかしたら・・・では泥沼に陥ると感じ近年まで賑やかであったポイントにシフトチェンジ・・・マハタやカサゴにアカイサキなどキントキ釣りに欠かせぬ名脇役が幾つも揃い、五目釣りとは?の回答をそこそこ御客様に伝えられ納竿に・・・


2019年4月29日:昭和(裕仁天皇)の日・・・

出港間もない親愛なる深紅の誘惑・・・開始直後の4.89kgの衝撃・・・嵐の予感か?のっけから七年殺しを食らってしまったような激痛と高鳴る胸・・・海神も令和の時代を歓迎すべく手厚い持て成しか・・・


戻る
次へ

初栄丸とは
料金・サービス
出船予定
釣果速報
船長の言葉
はじめての方へ
アクセス
お知らせ
お申込みフォーム
問い合わせフォーム







公式LINE 初栄丸アカウント
公式LINE「勝見屋・初栄丸」はこちら






YouTube 「勝見屋初栄丸」はこちら



▲ページのトップへ戻る