外房大原 初栄丸 TEL:営業時間:AM6:00~PM7:00 定休日:第1、第3月曜日 電話 0470-62-2807
初栄丸とは 料金・サービス はじめての方へ 出船予定 アクセス
 > トップ > 船長の言葉

船長の言葉

2017年10月4日:遅れて来たヒラメ覚醒・・・そして本当の解禁日!?

いるのに食わないのか?はたまた居ないのか?魚の小骨が喉に引っ掛かってしまっているような状態に、明確な答えを求めるべく敢えてここ2日間と同一ポイントへ・・・始まりこそ遠慮がちなアタリに緩やかな時の流れ・・・7:18船上にはたった5枚のヒラメしか無かった・・・だが前日までとは明らかなアタリの違い・・・確認のためもう一度同一ポイントから・・・1時間足らずの流しであったが11枚のヒラメを追加していた・・・やはり何かが違う・・・時折見せる赤い閃光のような反応・・・御客様の釣り上げたヒラメの吐き出しからジャミ(イワシの稚魚)であると確認・・・ヒラメ覚醒の裏には何かしらの理由がある・・・冒頭での疑問符に自ずと答えに導かれる・・・いるのに食わなかったのだ・・・その証拠に次の流しは18枚ものヒラメの追加に成功したのだ・・・解禁初日と2日目に足を運んで下さった御客様には大変申し訳ないが、これが事実であり大自然との戯れであるであります・・・正しく同一ポイントでの操業で、こうも変わってしまうのだ・・・何度でも言おう・・・事実は小説よりも奇なりと・・・。


2017年10月2日:そんな気持ちをグッと抑えて、ドカーンと一発やってみようよっと不発に

先の読めない自然界・・・昨日のツレナイ態度も一夜明ければ・・・もしや・・・そんなスケベ心は一刀両断であった・・・竿頭こそ5枚と奮い立ってくれたが、全体的な印象は前日と変わらず・・・このままでは御客様に手を振られてしまう・・・さ・よ・な・ら・と・・・。


2017年10月1日:神無月の始まりは正しく大海にも神は無かった・・・

耐え難き苦痛の沈黙・・・ようやく・・・何とか・・・この日を待っていた・・・はずなのに・・・春なのにお別れですか?春なのに涙が零れます・・・かつて柏原芳恵は歌っていたが・・・解禁なのに溜息が・・・涙が・・・零れるような事になろうとは・・・せっかく来て下さった御客様は思った事だろう・・・何が解禁だ馬鹿野郎!なめてんのかワレ!・・・とアウトレイジの花菱会の西野のように・・・あたしゃ言いたい・・・なめちゃいねーよ馬鹿野郎!と大友のように・・・こんな始まりで何をこのあと期待出来ようってんだよ・・・と皆様お思いでしょうが、始まりが底辺ならば後は上がる一方だと信じ、この後の大原港から目を離さないで頂きたい・・・そんな気持ちであります・・・約7ヶ月に及ぶヒラメ釣りのたった1日の事・・・私は負けない諦めない腐らない・・・。


2017年9月14日:あたしゃマンセイ(万歳)!ならぬ慢性の客入り不振なのさ・・・

国連安全保障理事会にて、北朝鮮への追加制裁決議が全会一致で可決したそうだが、北朝鮮いわく「アメリカは経験したことのない、最も大きな苦痛を味わうことになるだろう」だと・・・えー初栄丸今月に入り10日目の休みとなりました・・・地獄のような制裁を受け、経験したことのない苦痛を味わっております・・・一体あたしが何をしたのでしょうか?降り注ぐ太陽の光・・・広がる大海原を前にもはや溜息も出ません・・・しかも今週末には台風18号が待ち構えております・・・嵐が来る前に我が家は時化続き・・・おお神よ何処へ・・・。


2017年9月5日:嗚呼・・・ああ・・・アア・・・

八日ぶりの出船に意気揚々・・・便りの届かぬキントキに意気消沈・・・何でこうなるの!


2017年8月18日:イサキまだやってます・・・

もうつくずくで懲り懲りな臨時休業から一夜明けての出船・・・片舷ガラガラの少人数であったが、いつまたあの狂い黒潮が来るとも知れぬと、約10マイル先の遠方のポイントにまで船を走らせた・・・たかが1日されど1日である・・・たった1日の休みから大海が激変・・・大いにある・・・さあどうだ・・・あら?イサキの反応よ何処へ・・・あいにく御客様は戦闘準備が整っていないよう・・・今一度ポイントに船を・・・出るには出たが一昨日までのそのモノとはどえらい違い・・・まあ何より出ないよりは良いと仕掛け投入・・・気が付けば1時間半以上に渡り船は、そのポイントの目印の如く動かず離れずに、あなただけが生き甲斐なのとラブ・ユー・操業・・・


2017年8月16日:厳かに琴を弾く女の子・・・着ているシャツにはUP-BEATの文字が・・・

お盆3連休明け辛くも出船となったが、何とも朝から雨と風の憂鬱ダブルセット・・・現場に到着するも皆様風に邪魔され四苦八苦・・・そして間もなくお1人の方が脱落・・・ただでさえ少ない戦力に1名の欠落は非常に痛い・・・だが行かねばならぬのだ我々は・・・イサキ釣りと言う名のもとに・・・あの円らな瞳を求めて・・・


戻る
次へ

初栄丸とは
料金・サービス
出船予定
釣果速報
船長の言葉
はじめての方へ
アクセス
お知らせ
お申込みフォーム
問い合わせフォーム







公式LINE 初栄丸アカウント
公式LINE「勝見屋・初栄丸」はこちら






YouTube 「勝見屋初栄丸」はこちら



▲ページのトップへ戻る